ビタミンC

のお話ページ



INDEX >  栄養成分 > 

ビタミンC




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



ビタミンCとは?

ビタミンCはアスコルビン酸と言われ、新鮮な野菜や果物に多く含まれている。ビタミンCは、

熱に弱く分解されやすい。これが不足すると、壊血病に侵されて、歯茎から出血をし、放置して

おくと死亡することもある。ビタミンDは歯や骨を強くする役割りをしているが、それだけでは

強くならず、骨はコラーゲンというタンパク質が土台になって作られており、このコラーゲンを

合成して形を保つ仕事をするのがビタミンCです。従って、コラーゲンには毛細血管壁を丈夫に

する役目があるので、ビタミンCが不足すると、出血しやすくなる。ビタミンCを多く含む食品は

「ボロッコリ」「ピーマン」「パセリ」「ほうれん草」「いちご」「オレンジ」「カリフラワー」

「小松菜」「あさつき」「キウイ」「「レモン」「じゃがいも」「さつまいも」「レンコン」などです。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved