サルモネラ 原因

のお話ページ



INDEX >  食品と病気について > 

サルモネラ 原因




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



サルモネラの原因とは?

サルモネラで食中毒になる原因としては、人間の周囲にいる「ペットやねずみ」が原因で食品を

汚染する場合や、動物性食品の「食肉・たまご」が本来動物が持っているサルモネラに汚染されて

なる場合がある。特に、「食肉」はサルモネラに汚染されやすい食品で、家畜場で取り扱いが

不良の場合、腸内のサルモネラが、器具・台・作業員の手などから肉へ移行する。従って、

家畜場での衛生的取り扱いが食肉のサルモネラ汚染を防ぐためには極めて重要なことです。

たまごも汚染されやすい食品ですが、取り扱いをしっかりしていればまず問題が起こりません。

たまごは元々サルモネラ菌が少ないのですが、温暖の季節に長くそのまま放置すると菌が増殖する

ため、カラを通じて他のたまごにもサルモネラが移行する恐れがありますので、決して高温下に

長く放置しないことが重要です。しかし、新鮮なものを速やかに使用し、保存する場合は低温で

保管すればサルモネラが増殖することはまずありえません。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved