モロヘイヤ

のお話ページ



INDEX >  いろいろ健康レシピ > 

モロヘイヤ




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク




◆ モロヘイヤの吸いろと(さくら豆腐・土佐酢) ◆

<<材料  5人分>>
>モロヘイヤ
(さくら豆腐)
>木綿豆腐
>トマト
>だし汁
>寒天
>食塩
>風味調味料
(土佐酢)
>だし汁
>食酢
>みりん
>薄口醤油
100g

85g
25g
70cc
1/6本
0.8(小さじ1/6)
0.8(小さじ1/6)

100g(1/2カップ)
30g(大さじ2)
9g(大さじ1/2)
6g(小さじ1)


<<作り方>>
@ モロヘイヤをよく洗い、茹でて冷水にとった後、ざるに上げて水を
  よくきり包丁でよく叩く。
A 豆腐を湯通しして水分を少し絞りすり鉢でよくする。
B トマトを切り種を除き、ミキサーなどでペースト状にしてAの豆腐
  と合わせる。
C 寒天を水に浸してもどした後、よくしぼり分量の煮汁で煮溶し、
  味付けし、人肌に冷ましてBに入れてよく混ぜ合わせる。
D Cを流し間に流し入れ、冷やし固める。固まったら一口大に切って
  おく。
E 土佐酢の分量を鍋に入れて煮立てて冷ます。
F 器にDのトマト豆腐を盛り、@のモロヘイヤを半掛けにして土佐酢
  を注いだら完成。
<<栄養士一口メモ>>
>さくら豆腐はトマトを使用して淡い桜色をだすと鮮やかになる。




スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved