ロイシン

のお話ページ



INDEX >  栄養成分 > 

ロイシン




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



ロイシンとは?

ロイシンは、食品から摂取しないと体内で合成できないアミノ酸の一種で、主な役割りは、

肝臓の機能を正常に働かせることです。そのため、他のアミノ酸に比べても一日の必要摂取量が

最大です。しかし、ロイシンは様々な食品に含まれており、知らぬ間に必要摂取量を確保されて

おります。逆に、知らぬ間に多く摂りすぎると、他のアミノ酸へ悪影響を及ぼし、免疫力を下げる

恐れがあるので注意が必要です。ロイシンを多く含む食品としては、牛肉・レバー・ハム・

七面鳥・牛乳・プロセルチーズ・とうもろこしなどの多くの食品に含まれて降ります。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved