食品衛生 目的

のお話ページ



INDEX >  食品衛生の概要 > 

食品衛生 目的




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



食品衛生の目的とは?

食品衛生はまさに食品衛生法によって成り立っております。従いまして、食品衛生法の目的を

考えてみます。食品衛生法第一条に規定されている通りに、「公衆衛生の向上及び増進に寄与

する」ことです。何故公衆衛生の向上が必要なのでしょうか?それは、憲法第二十五条第二項

の「国は全ての生活部面について、社会福祉・社会保障・及び公衆衛生の向上及び増進に努め

なければならない」という規定を受けており、それを食品衛生法として具体化した法律の一つ

です。まさに、食品衛生法の目的は「飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止」することです。

しかしこれはあくまでも「飲食に起因する」に限定されていることで、その限定の意味として

一つに公衆衛生の向上及び寄与すべき手段や施策は色々ありますが、食品衛生法は「飲食に起因

する」衛生上の危害の発生を防止する分野を専ら担当しようということです。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved