ギムネマ酸

のお話ページ



INDEX >  栄養成分 > 

ギムネマ酸




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



ギムネマ酸とは?

ギムネマ酸は、東南アジアに自生している、ガガイモ科(Asclepiadaceae)に属する多年性の

つる性植物で、学術名はギムネマ・シルベスタ(Gymnema sylvestre)と言います。ギムネマの

原産地はインドで、インド南部を中心に、インドネシア、ベトナム、中国南西部、台湾など熱帯から

亜熱帯地方にかけて広く自生しており、岩の多い丘陵地の樹木にからみつくように生えています。

ギムネマ・シルベスタの歯を1〜2分くらい噛んで、砂糖なのど甘味のある物を口にしても甘味を

全く感じなくなります。これは、舌の甘味を感じる部位に結合して、働きを鈍くしているためと

されています。ギムネマ酸は体内の小腸からの糖分の吸収を抑えますので、肥満・便秘・痔などに

効果的です。さらに、血糖値の上昇を抑える働きがありますので糖尿病の症状を改善する効果も

あります。また、糖分の吸収を抑止しますので虫歯菌の発生を阻止することがきます。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved