ビフィズス菌

のお話ページ



INDEX >  栄養成分 > 

ビフィズス菌




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌は、1899年にフランスのティッシェー博士が健康状態の赤ちゃんの腸内から

発見したと言われており、人間の腸に住み着くことができる乳酸菌です。人間の腸に住み着く細菌は

何兆個ともされており、それを分けると「善玉菌」と「悪玉菌」になりますが、「善玉菌」が

ビフィズス菌に当たります。ビフィズス菌は腸内の有害菌の繁殖を抑えたり、免疫力を強くし、

病原菌物質を減らし肝臓障害などを軽減する働きがあり、腸内細菌のバランスを常に健全に

してくれます。 ビフィズス菌を多く含む食品として、ヨーグルト・牛乳などの乳製品です。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved