アスタキサンチン

のお話ページ



INDEX >  栄養成分 > 

アスタキサンチン




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンは、天然色素であるカロテノイドの一種で、魚介に含まれる赤色素の成分です。

もともとは、緑黄色野菜のβ−カロチンなどと同じカロテノイドが食物連鎖の過程で植物プランクトン

からエビやオキアミを経て魚介類に蓄積されます。その蓄積されたアスタキサンチンが働きかける

作用はβ−カロチンの10倍、ビタミンEの1000倍とも言われており、優れた抗酸化作用があります。

カロテノイドの中でも活性酸素を防ぐ力は最高に強いとされております。そのため、細胞を守り、

老化・動脈硬化・がん・生活習慣病などを防ぐ力が強いです。アスタキサンチンを多く含む食品は、

もちろん魚介類全般で、サケ・イクラ・エビ・カニなどがあります。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved