レシチン

のお話ページ



INDEX >  栄養成分 > 

レシチン




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



レシチンとは?

レシチンは、ギリシャ語のレキトース(卵黄)から由来されており、その名の通り卵黄や大豆・

酵母・カビ類などに含まれているリン脂質の一種でます。卵黄が原料のものを卵黄レシチン、

大豆が原料とされるものを大豆レシチンと呼ばれております。レシチンは血中のコレステロール値を

正常に維持するように適正にコントロールし、動脈硬化などを防ぐ働きをします。レシチンを

多く含む食品としては、やはり卵黄です。しかし、卵黄はコレステロールが多い食品のため、

大豆やそれを含む製品がお奨めです。



スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved