生活習慣病 薄味

のお話ページ



INDEX >  食品と病気について > 

生活習慣病 薄味




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



生活週間病予防のための「減塩と薄味」にする方法Aとは?

☆ 焼き味を利用する!
  焼いた香ばしさは、塩味が少なくても美味しく食べることができます。焼きおむすびや
  焼き魚の香ばしさは、食欲をそそります。これを利用すると美味しく減塩食で食できます。

☆ 食感を残す!
  サクサクとした歯ざわりやなめらかな歯ざわりなどの食感は、美味しさを引き立て、
  薄味でも気になりません。

☆ 油を使う。
  唐揚げ、天ぷらなどの揚げ物は、食材の味を衣や油で包み込むので美味しさを外に
  逃がしません。ごま油であれば、独特の風味を楽しむことができます。炒め物は油の
  香りと食材のうま味が絡み合い、塩味が少なくても美味しく食べることができます。

☆ 香り・香辛料を利用する。
  こしょう・わさび・辛子などのピリ辛い香料は、味のアクセントになり料理の味を
  引き立てます。葱、しその葉、三つ葉、パセリなどの香味野菜の風味は、塩味が少なくても
  気になりません。和え物、煮物、揚げ物や麺類などに上手に利用しましょう。

☆表面に味をからめる。
  料理に味をつけるときに薄味で調味し、仕上げに再度、味をからめると薄味でも濃く感じます。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved