生活習慣病 減塩

のお話ページ



INDEX >  食品と病気について > 

生活習慣病 減塩




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



生活週間病予防のための「減塩と薄味」にする方法@とは?

☆ 素材の味を活かす!
  新鮮な「旬」の食材は、風味がよく塩味が少なくても美味しく食でることができます。
  新鮮が落ちると美味しさが半減し、味付けを濃くしてしまう恐れがあります。

☆ うま味を利用する!
  昆布、のりなどの海藻類、しいたけ、まつたけ、しめじなどのキノコ類、かつお節や
  煮干しなど、うま味成分をもつ食品があります。これらのうま味成分を利用すると味に
  コクが出て、塩味が少なくとも美味しく食べることができます。また、一緒に調理する
  他の食材の味が引き立ちます。

☆ 酸味の味を使う!
  酸味があり塩分を含まない「酢」は、うす味料理に欠かせない調味料です。他の酸味として、
  レモン、ゆず等の柑橘類やトマトなどがあります。くせの強い鰯や鯖などは、酢を使い
  マリネにして食べると薄味でも、美味しく食べることができます。

☆ あま味を減らす。
  煮物などを料理するとき、砂糖と醤油をたくさん使用する人がいますが、これでは糖分と
  塩分の取り過ぎとなり、また食材の美味しさをいかせません。糖分を少なめにすると
  その分醤油も少量ですみ、塩分を控えることができます。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved