HACCP

のお話ページ



INDEX >  食品と病気について > 

HACCP




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



HACCPとは?

HACCPはハサップと言われていますが、日本では危害分析「HA」+重要管理点「CCP」と

訳されています。HACCPは危害を分析して、その危害を盛業することのできる工場や

処置方法を決めて、それぞれに対応した基準を作り、いつ・どこで・だれが・どのような

作業を行なったのかを記録し、証拠書類として残しておくシステムを確立するための

衛生管理手法です。従来は、食品を加工・製造後に検査を行い、異状や不良がないかの検査に

重点を置いておりましたが、それでは途中経過、工程毎の検査までおよばず、最終的な

不具合しか見つからないため、危害の原因や責任の所在がはっきりできません。HACCPの場合は

工程毎での調査・管理をすることにより、危害がおよぶ前の予測をすることができ、また、

予測によって危害の排除をすることがきるような管理基準を設定することができます。

これがHACCPです。これにより食品への安全性をより高めることが可能になります。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved