EPA

のお話ページ



INDEX >  栄養成分 > 

EPA




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



EPAとは?

EPAは、「エイコサペンタエン酸」の略語で脂肪の多い魚に含まれている脂肪酸です。

EPAの主な働きは、体内で血液中の血小板を集まって固まらないように抑え、

血栓を溶かして血管を太くする作用があります。その作用で、血液の流れが良くなり

動脈硬化や心筋梗塞・脳卒中・高血圧症などの予防に効果的です。また、コレステロールを

低下させる効果もあるので、抗がん作用もあるようです。総合的に生活習慣病の予防には

最適な脂肪酸です。EPAを多く含む食品としては、さんま・まいいわし・はまち・ぶり・

うなぎ・本マグロ・ほっけの開き干し・すじこなどの脂肪の多い魚に含まれています。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved