ふき 成分

のお話ページ



INDEX >  食材の主成分や特徴 > 

ふき 成分




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



食材の主成分や特徴(ふき)

キク化の多年生草本です。茎と葉を食用にできます。栽培品種としては、各地で「地ぶき」と呼ぶ

水ぶきがあり、寒い季節から出回る愛知早稲種、大型で砂糖漬けにする秋田ぶきなどがあります。

山野に自生する山のふきや、沢にある沢ふきは、一般に茎が細く小型です。旬は春で、

新葉の茎が伸びきったところが美味しいです。盛夏になると茎の空洞に虫が入りまずくなります。

早春の花芽を「ふきのとう」といいます。ふきの100gの中に、水分が95.8gと多く含まれ、

カロリーがとても低いです。また、繊維組織がとても多く、特有の香気と苦味で歯触りが特徴的です。

東北地方では、5月〜6月頃に出回ります。7月を過ぎると固くなり、苦味も強くなるので食用に

適さなくなります。人里近い沢や道端、特に日当たりの良い林道脇の斜面に成育しています。

缶詰などに加工し、年間を通じて食べることは可能です。いろいろな地域で生産されています。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved