いんげん豆

のお話ページ



INDEX >  食材の主成分や特徴 > 

いんげん豆




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



食材の主成分や特徴(いんげん豆)

マメ科の一年生の草本です。隠元禅師が中国から移入したものとされております。別名「菜豆」と

呼ばれ、主に北海道で量産されておりますが、全国的に栽培されております。種類は大変多く、

茶色に赤黒い斑点がある「うずら豆」、長円形で赤紫色の「きんとき豆」、あずきの倍くらいの

大きさで白色の「てぼ豆」などがあります。基本的には「煮豆」として用いられております。




成分表(100g当たり)
エネルギー 254kcal 2.5mg
水分 35.3g ナトリウム 120mg
タンパク質 7.4g レチノール 0μg
脂肪 1.4g カロチン 0μg
糖質 52.7g B1 0.03mg
繊維 2.1g B2 0.01mg
灰分 1.1g ナイアシン 0.3mg
カルシウム 45mg 0mg
リン 110mg 0mg


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved