マーガリン

のお話ページ



INDEX >  食材の主成分や特徴 > 

マーガリン




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



食材の主成分や特徴(マーガリン)

1869年に、バターに変わり安値の油脂食品としてフランスで開発されたようです。

精製した動植物の食用油脂と硬化油に、乳化剤や着色料・食塩・着香などを加えてかき混ぜ

乳化したバターのような固形食品油脂です。純植物油を原料としたものなどは、特に美容・健康に

良いとされていて愛好家が沢山おります。


成分表(100g当たり)
エネルギー 729kcal φ
水分 15g ナトリウム 800mg
タンパク質 0.3g レチノール 1800μg
脂肪 82.1g カロチン 0μg
糖質 0.5g B1 0mg
繊維 0g B2 0mg
灰分 2.1g ナイアシン 0mg
カルシウム 11mg 0mg
リン 10mg 0mg


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved