食品衛生法 施設

のお話ページ



INDEX >  管理運営基準準則 > 

食品衛生法 施設




食品衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピ等など「食」について色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク



管理運営基準準則(食品衛生法より)

第2 営業者は、製造し、又は加工した製品について定期的に衛生検査を行い、その記録を
   保存しなければならない。

第3 飲食店営業のうち、弁当屋及び仕出し屋にあっては、48時間以上検食を保存しなくては
   ならない。(管理営業要領)

第4 営業者は、施設及び取扱い等に係わる衛生上の管理上の管理運営要領を作成し、事業者に
   周知徹底させなければならない。

第5 営業者(法第19条の17の規定により食品衛生管理者を置かなければならない営業者を
   除く)は、施設又はその部門ごとに、当該事業者のうちから食品衛生に関する責任者
   (以下「食品衛生責任者」という。)を定めておかなければならない。

   2 食品衛生責任者は、営業者の指示に従い、衛生管理にあたるものとする。

第6 営業者又は食品衛生管理者若しくは食品衛生責任者は、製造、加工、調理及び販売等が
   衛生的に行なわれるように従業者の衛生教育に努めなければならない。


スポンサードリンク






Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved