食品衛生のお話ページ




INDEX > 

食品衛生

のお話



食品

衛生のサイトへようこそ♪♪

当サイトでは現代の社会や消費者の皆さんがとても関心を持っている「食」について色々とご紹介しております。

「食」の安全は年々高まってきています。それと共に消費者の皆さんは食品業者に対して安全な食品の提供を強く

要求するようになってきました。そのような皆さんの要求や社会の要望にこたえて、食品業者は食品衛生の向上の

ための改善や努力をする事が何よりも大切なことです。食品業者が安全・安心な「食」を提供するためにも

食品衛生を行なうことが重要です。衛生指導員の皆様も安全食を目指して頑張っております。その「食品衛生」に

関連する事柄や新しい食品管理システム〜「食品」について〜食品の中毒、アレルギ〜ヘルシーレシピなど色々と

ご紹介しております。生命維持のために欠かすことのできない「食」について是非ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク


My Yahoo!に追加



  食品衛生の概要

  食品衛生指導員
     制度要綱


  食品衛生の動向

  食品衛生の定義

  HACCP

  品質表示

  食品の取扱い

  食品取扱い者の心得

  食品を極める

  施設の衛生

  管理運営基準準則
   (食品衛生法より)


  食品営業許可

  食品と病気について

  感染症

  生活習慣病予防

  いろいろ食グラフ

  栄養成分

  毒きのこ

  食材の主成分や特徴

  いろいろ健康レシピ


  Myプロフィール


☆☆ コンテンツ ☆☆

☆ お願い ☆
当サイトはブラウザーの文字サイズを「中」以下でご覧下さい。
「中」以上ですと文字が段落します。

【食品衛生の概要】
   ◇ 目的  ◇ 特徴  ◇ 規制  ◇ 協会  ◇ 指導員


【食品衛生指導員制度要綱】
   ◇ 1.趣旨  ◇ 2.目的  ◇ 3.資格  ◇ 4.委嘱  ◇ 5.運営  ◇ 6.研修

   ◇ 7.業務


【食品衛生の動向】
   ◇ 国内   ◇ 国外


【食品衛生の定義】
   ◇ 食品  ◇ 添加物  ◇ 科学的合成品  ◇ 器具等  ◇ 容器包装

   ◇ 食品衛生  ◇ 営業


【HACCP】
   ◇ HACCPとは?  ◇ HACCPの由来  ◇ HACCPの必要性  ◇HACCPシステム


【品質表示】
   ◇ 品質表示基準の概要  ◇ 農産物の概要  ◇ 水産物の概要

   ◇ 畜産物の概要  ◇ 玄米・精米の概要  ◇ 加工食品の概要

   ◇ 遺伝子組替え食品の概要  ◇ 有機商品の概要  ◇ 法令違反


【食品の取扱い】
   ◇ 清潔  ◇ 迅速  ◇ 冷却  ◇ 加熱


【食品取扱い者の心得】
   ◇ 責任  ◇ 健康  ◇ 手指の清潔  ◇ 服装  ◇ 習慣


【食品を見極める】
   ◇    ◇ 小麦粉  ◇ 清涼飲料水  ◇ 牛乳  ◇ バター  ◇   ◇ 肉類

   ◇ 魚類  ◇ 貝類  ◇ 楝製品


【施設の衛生】
   ◇ 建物の構造  ◇ 食品取扱い整備  ◇ 給水  ◇ 汚物処理  ◇ 便所

   ◇ 建物の清潔


【管理運営基準準則(食品衛生法より)】
   ◇ 第一   ◇ 第二・第三・第四・第五・第六


【食品営業許可】
   ◇ 営業許可  ◇ 営業許可業種  ◇ 営業許可施設基準  ◇ 営業許可手数料


【食品と病気について】
   ◇ 食中毒  ◇ 食中毒の種類  ◇ 食中毒の予防  ◇ 食中毒とウイルス

   ◇ 食中毒を起こさない清潔を保つポイント

   ◇ サルモネラ ◇ サルモネラの病気 ◇ サルモネラの原因 ◇ サルモネラの特徴

   ◇ サルモネラの症状 ◇ サルモネラの殺菌方法 ◇ サルモネラの主な原因食品

   ◇ サルモネラ発症菌数と潜伏時間 ◇ サルモネラ原因施設 ◇ サルモネラの予防

   ◇ 腸炎ビブリオ  ◇ 腸炎ビブリオの症状  ◇ 腸炎ビブリオの原因  

   ◇ 腸炎ビブリオの予防

   ◇ 病原大腸菌  ◇ 病原大腸菌の症状

   ◇ ブドウ球菌  ◇ ブドウ球菌の症状  ◇ ブドウ球菌原因  ◇ ブドウ球菌予防

   ◇ ボツリヌス菌  ◇ ボツリヌス菌の症状

   ◇ 化学物質の食中毒  ◇ 化学物質食中毒の予防

   ◇ 自然毒の食中毒  ◇ 自然毒の食中毒の予防

   ◇ 赤痢  ◇ 赤痢の症状  ◇ 赤痢の感染源  ◇ 赤痢の感染経路

   ◇ アレルギー様食中毒  ◇ アレルギーと食  ◇食物アレルギー

   ◇ 食物アレルギーメカニズム  ◇ 食物アレルギーの症状

   ◇ 経口伝染病  ◇ 経口伝染病の予防

   ◇ 法定伝染病  ◇ エルシニア・エンテロコリチカ

   ◇ 腸チフス  ◇ 腸チフスの症状  ◇ 腸チフスの感染源

   ◇ 腸チフスの感染経路  ◇ ウェルシェ菌  ◇ 黄色ブドウ球菌  ◇ セレウス菌

   ◇ 寄生虫  ◇ 蛔虫  ◇ 鈎虫  ◇ 腸管出血性大腸菌

   ◇ カンピロパクタ− ◇ カンピロバクターの症状 ◇ カンピロバクターの原因食品

   ◇ カンピロバクターの予防


【感染症】
   ◇ レジオネラ症  ◇ レジオネラの症状  ◇ レジオネラの予防

   ◇ 鳥インフルエンザ  ◇ 鯉ヘルペス

   ◇ ノロウイルス  ◇ ノロウイルスの症状  ◇ ノロウイルスの原因

   ◇ ノロウィルス 胃腸炎 ◇ ノロウィルス 感染 ◇ ノロウイルス 対策

   ◇ ノロウィルス 消毒 ◇ ノロウィルス 感染予防

   ◇ A型肝炎ウイルス  ◇ E型肝炎ウイルス


【適切な手洗い方法】
   ◇ 手洗い


【生活習慣病予防】
   ◇ 減塩・薄味で調理@  ◇ 減塩・薄味で調理A  ◇ 油とエネルギーを抑える


【いろいろ食グラフ】
   ◇ 年代別栄養所要量  ◇ 食品成分表  ◇ 塩分の目安量  ◇ 食品の重量表


【栄養成分】
   ◇ ビタミンA ◇ ビタミンB1 ◇ ビタミンB2 ◇ ビタミンB6 ◇ ビタミンB12

   ◇ ビタミンB13  ◇ ビタミンB15 ◇ ビタミンB17 ◇ ビタミンC ◇ ビタミンD 

   ◇ ビタミンE ◇ ビタミンK ◇ ビタミンP ◇ ルチン ◇ ビタミンQ ◇ ビタミンU

   ◇ パントテン酸リポ酸 ◇ パラアミノ安息香酸 ◇ イノシトール ◇ コリン

   ◇ 葉酸 ◇ ビオチン ◇ ナイアシン

   ◇ カルシウム ◇ カリウム ◇ ナトリウム ◇  ◇  ◇ 亜鉛 ◇ ヨウ素

   ◇ ケイ素 ◇ フッ素 ◇ ニッケル ◇ バナジウム ◇ リン ◇ マグネシウム

   ◇ リチウムゲルマニウム ◇ セレン ◇ モリブデン ◇ クロム ◇ コバルト

   ◇ マンガン

   ◇ 不溶性植物繊維 ◇水溶性植物繊維 ◇ キチン・キトサン ◇ ポリデキストロース

   ◇ コンドロイチン硫酸

   ◇ 脂肪酸 ◇ リノール酸 ◇ アラキドン酸 ◇ オレイン酸 ◇ γ-リノレン酸

   ◇ α−リノレン酸 ◇ EPADHA ◇ コレステロール ◇ スクワレン

   ◇ タンパク質

   ◇ アミノ酸イソロイシン ◇ リジン ◇ スレオニン ◇ トリプトファン ◇ ロイシン

   ◇ バリン ◇ メチオニン ◇ シスチン ◇ フェニールアラニン ◇ チロシン

   ◇ ヒスチジン ◇ グルタミン酸 ◇ グリシニン ◇ グルテンペプチド ◇ カゼイン

   ◇ タウリン ◇ コラーゲン ◇ アルギニン ◇ アスパラギン酸 ◇ レクチン

   ◇ CPP ◇ グルコサミン ◇ β−カゾモルフィン ◇ ラクトフェリン ◇ ラミニン

   ◇ エリスロポエチン ◇ カルニチン

   ◇ オリゴ糖 ◇ 乳糖 ◇ 果糖

   ◇ グリチルリチン酸 ◇ 核酸 ◇ クエン酸 ◇ エラグ酸 ◇ 乳酸菌  ◇ アリシン

   ◇ ビフィズス菌 ◇ ギムネマ酸 ◇ テルペノイド ◇ ルテイン ◇ 大豆サポニン

   ◇ ポリフェノール ◇ カテキン ◇ α−カロテン ◇ イソフラボン ◇ フラボノイド

   ◇ クロロフィル ◇ カロテノイド ◇ アントシアニン ◇ リコピン ◇ オクタコサノール

   ◇ クルクミン ◇ 硫化プロピル ◇ ムチン ◇ レシチン ◇ グルタチオン

   ◇ ナスニン ◇ イソチオシアネート ◇ セサミノール ◇ ギンコライド ◇ シスタチン

   ◇ クリプトキサンチン ◇ ガングリオシド ◇ フコキサンチン  ◇ アスタキサンチン

   ◇ カプサイシン ◇ ナットウキナーゼ


【猛毒きのこ】
   ◇ タマゴテングタケ ◇ シロタマゴテングタケ ◇ ドクツルタケ ◇ タマゴタケモドキ

   ◇ フクロツルタケ ◇ クリイロカラカサタケ ◇ ドクキツネノカラカサ ◇ ニガクリタケ

   ◇ コレラタケ ◇ ヒメアジロガサ ◇ ニセクロハツ ◇ シャグマアミガサタケ

   ◇ カエンタケ ◇ クロタマゴテングタケ ◇ ツルタケダマシ


【食材の主成分や特徴】
   ◇ 白菜 ◇ キャベツ ◇ 大根 ◇ かぼちゃ ◇ じゃがいも ◇ かぶ ◇ みず

   ◇ チンゲンサイ ◇ はやとうり ◇ ほうれん草 ◇ きのこ類 ◇ モロヘイヤ

   ◇ きゅうり ◇ なす ◇ トマト ◇ ニラ ◇ 小松菜 ◇ グリーンアスパラガス

   ◇ わらび ◇ ふき ◇ ヨーグルト ◇ 牛肉 ◇ ごま ◇ 人参 ◇ パセリ

   ◇ ピーマン ◇ 枝豆 ◇ グリンピース ◇ ごぼう ◇ さやいんげん ◇ たけのこ

   ◇ たくあん漬け ◇ 玉ねぎ ◇ とうもろこし ◇ ねぎ ◇ もやし ◇ みかん

   ◇ あんず ◇ いちご ◇  ◇ バナナ ◇ ぶどう ◇ りんご ◇ すいか ◇

   ◇ のり ◇ 昆布の佃煮 ◇ わかめ ◇ コーヒー ◇ お茶 ◇ 醤油 ◇ あゆ

   ◇ マヨネーズ ◇ いわし ◇ めざし ◇ 煮干し ◇ うなぎ ◇ かつお ◇ さんま

   ◇ かつお節 ◇ かれい ◇ きす ◇  ◇  ◇ さばさわら ◇ かまぼこ

   ◇ 魚肉ソーセージ ◇ さつま揚げ ◇  ◇ たら ◇ にしん ◇ ぶり ◇ マグロ

   ◇ ます ◇ あさり ◇ かき ◇ しじみ ◇ はまぐり ◇ いか ◇ 桜海老 ◇

   ◇ 鶏肉 ◇ ラム肉 ◇ 豚肉 ◇ ハム ◇ ベーコン ◇ ソーセージ ◇ たまご

   ◇ 牛乳 ◇ アイスクリーム ◇ 粉乳(全脂) ◇ 粉乳(調製) ◇ チーズ ◇ 大麦

   ◇ 小麦粉 ◇ 食パン ◇ うどん ◇  ◇ 精白米 ◇ もち ◇ そば粉

   ◇ さつまいも ◇ 山のいも ◇ コーンスターチ ◇ 水あめ ◇ 砂糖 ◇ あじ

   ◇ はちみつ ◇ ブドウ糖 ◇ せんべい ◇ ようかん ◇ キャラメル ◇ チョコレート

   ◇ ビスケット ◇ 植物油 ◇ バター ◇ マーガリン ◇ ラード ◇  ◇ くるみ

   ◇ 落花生 ◇ あずき ◇ いんげん豆 ◇ えんどう豆 ◇ 大豆 ◇ きな粉 ◇ 納豆

   ◇ とうふ ◇ あぶらげ ◇ がんもどき  ◇ 甘味噌 ◇ 辛味噌  ◇ あまだい

【いろいろ健康レシピ】
   ◇ 白菜コーンクリーム煮 ◇ 白菜のレンジ蒸し ◇ 白菜ちりめん

   ◇ きゃべつと厚揚げ・豚肉のみそ炒め ◇ 梅きゃべつ ◇ 舞茸とじゃが芋のソテー

   ◇ きゃべつと海老のホットサラダ ◇ 大根と焼き油揚げのサラダ

   ◇ 大根とホタテ貝のうすぐず煮 ◇ 大根のせん切り炒め

   ◇ 南瓜のミートサンドフライ ◇ 南瓜のサラダ ◇ 南瓜のごま酢和え

   ◇ ポテトポタージュスープ ◇ じゃが芋のカレー炒め ◇ ツナ入りじゃが揚げ団子

   ◇ かぶの含め煮えびあんかけ ◇ かぶと油揚げの煮物 ◇ かぶとりんごのサラダ

青梗菜⇒(チンゲンサイ)
   ◇ 青梗菜のたらこ炒め ◇ 青梗菜とトマトの卵炒め ◇ 青梗菜の中華スープ

   ◇ はやとうりチャンプル ◇ はやとうりサーモンマリネ ◇ はやとうりの煮物

   ◇ ほうれん草グラタン ◇ ほうれん草とろろ和え ◇ さわもだしの納豆汁

   ◇ ほうれん草とあさりのピリ辛ソース ◇ しいたけハンバーグ ◇ みずたたき

   ◇ みずの油炒め(豆板醤) ◇ みずかやき(塩鯨入り) ◇ トロピカルきゅうりで酢豚

   ◇ きゅうりと蒸し鶏のごま味噌和え ◇ きゅうりと帆立の香りドレッシング

   ◇ 揚げなるマリネ風 ◇ なすのベーコンチーズ焼き ◇ なすのトマト煮

   ◇ モロヘイヤ餃子 ◇ モロヘイヤの白玉だんご ◇ モロヘイヤの衣揚げ

   ◇ トマトとなすのみぞれ和え ◇ 手作りトマトソース ◇ 手作りトマトジャム

   ◇ 野菜のくず煮 ◇ モロヘイヤの吸とろ(さくら豆腐・土佐酢) ◇ 大根のチーズのせ

   ◇ 沢煮椀 ◇ 豆腐の厚揚げ ◇ 里芋・厚揚げ・玉こん・人参の煮物 ◇ なめこご飯

   ◇ なめこ入り大根生酢 ◇ 揚大根 ◇ 大根サラダ ◇ ねぎチャーハン


【いろいろ健康レシピ(定番料理)】
   ◇ つみれ ◇えびだんご ◇ おはぎ ◇ カステラ ◇ カレーライス ◇ チキンカレー

   ◇ ベジタブルカレー ◇ 餃子 ◇ 栗ごはん ◇ 五目飯 ◇ ポテトコロッケ

   ◇ シューマイ ◇ 杏仁豆腐 ◇ スイートポテト ◇ 竹の子ごはん ◇ だし巻き卵

   ◇ チキンライス ◇ 茶碗蒸し ◇ つくね

スポンサードリンク



◎◎ 美味しい食事について ◎◎

食事を美味しく頂くためには、見た目の良さ!あるいは好みの味を食することだと思います。

ところが、最近は生活習慣の悪さから「味覚障害」の大人・子供達が増えているそうです。

見た目の良さで食欲を起こさせることができても、実際に食べた食品の「味」を実感できないので

あれば、食事の楽しさや喜びなどを実感することができません。また食べ過ぎて「ポッコリお腹便秘」の

原因にも成りかねません。従って味覚障害になることは

とても不幸なことなのです。その原因の1つに「喫煙」があります(大人の喫煙者)。

喫煙をすることで、口の中にニコチンやタールなどが付着して味覚の判断が鈍くなります。

また、鼻や喉の病気を誘発したりするために、臭いによる風味などを味えなくなってしまいます。

そこでタバコをやめるための役立ちそうなホームページを見つけました。

良かったら、ご参考になさっって下さいね♪♪ ⇒ タバコをやめる方法





Copyright 食品衛生のお話 All Rights Reserved
[PR] お話 スピーチ 電子 芸能